all 日常生活 日記 睡眠

睡眠時間について②

更新日:

睡眠時間が少なくなって3カ月ほどとなる。
ここ最近はより短くしようと、多相睡眠を取り入れた。

まとまってから書こうと思っていたが、なぜ眠るのかもよく分かっていない人類、さらにその中のちっぽけな僕がまとめられることでもないし、学者になろうとしているわけではないので体験談として小出しにしていくことにした。

直近1カ月の平均睡眠時間は5時間45分

直近6日間では4時間36分

体感としては直近1カ月間の方がつらかった

多相睡眠を疑っていたので、単相睡眠の割合が多かったからだ。
疑っていた理由としては、分割してしまうことで、眠りに入るまでの時間がもったいないと感じたからだ。

しかし実際に多相睡眠を行ってみると、明らかに単層睡眠よりもよく眠れた感じがするし、目覚めがいい
全然信じてはいなかったが、「食わず嫌いをしてはダメだろう」とタスクを埋める感覚でとりあえず実践してみただけだったので、本当に驚いた。

しかしながら、1回目と2回目の睡眠の間は起きるのもつらいし、自律神経が乱れているのか寒気がして、エアコンと石油ストーブをダブルで付けて、部屋の温度を24度ぐらいに設定している。
その間は1時間ちょっとなので、1時間だけだから頑張ろうとなるので、うたた寝をしてしまうことは少ない。ちなみにその間は英語の勉強をしている。

多相睡眠
人間は起床していると体力を使う。
それに伴ってアデノシンという物質が体内で発生し蓄積する。この物質が睡眠圧を強め、気力やカフェイン摂取などをしても、だんだんと眠気に耐えられなくなって寝てしまう
そのアデノシンは最初の1時間30分の睡眠で分解できるので、それ以上は必要はないので1回の睡眠時間を短くする。
しかしながら、そうすることによって起床時間が長くなり、力を使う時間が増えてしまうので、またアデノシンがたまったら寝る。

ご存知の方も多いと思うが、ノンレム睡眠とレム睡眠の周期は90分で行われる。
だが、90分寝ればいいという問題ではないらしい。
身体のメンテナンスは入眠後時間が経ってからされるそうなのだ。

それが原因かは分からないが、目が悪くなったような気がする。
そして、ここ3カ月で風邪を5回ひいている。
(睡眠時間がかなり長いところは寝だめではなく風邪を治すため)

参考になったサイト

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/403964/082900048/?P=3

参考になった書籍

スタンフォード式最高の睡眠

とりあえず続けていき、またブログに書いていきたいと思う。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

-all, 日常生活, 日記, 睡眠

Copyright© shintarosugita.info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.