all

ボイトレ仲間と三ツ瀬明神へGO

投稿日:

ボイトレ仲間と

今回は僕が通ってるボイストレーニング教室の仲間と一緒に登山へ!

登山口まで行くのに「まず新城(しんじょう)市のね...」と言い間違えを連呼してたけど、誰も突っ込んでくれずに自己完結したすぎちゃんです。
※新城(しんしろ)市

いや、分かってるんですけど言えないんですよね...

三ツ瀬明神山へ

乳岩峡入り口

向かって左から、リーダーてっちゃん、美人盛り上げ担当ミホさん、僕、ナガイ君!

山頂よりも乳岩という場所が非常に人気で、ちょっとしたデートスポットみたいになってます。
ただ距離もあり、これからご紹介する通り、クライマーも足繁く通う岩山なので、入門者さんにはしっかりとした装備とフォローが必要だと思います。

上:通天洞 下:乳岩峡

でも、低山離れした岩のダイナミックな景色と、
岩場のドキドキ具合が相まって楽しい場所なので、ぜひぜひ挑戦してみてくださいね♪

乳岩川

定番の画。駐車場から徒歩0分。

僕たちが出かけたのは2019年5月25日(土曜日)
8時過ぎに到着したのですが、駐車場はほぼ満車でした(汗)

最初は小川沿いを歩いていきます。


日陰なので涼しいです。
ところどころ川辺に降りて休憩している人も多いです。

新緑の季節で日差しは強いですが、涼しくて歩きやすかったです。

もののけの森ばりに根っこが激しく出ているので、固めの靴が無難ですかね。

鬼岩

愛知県のクライマーの聖地に到着!

地面に向かって倒れてきそうな傾斜をカッコよくクライマーさんが登っていた。

GoProの超広角でも全然入りきらない鬼岩

岩の中をくぐり抜けるところもあった。

一回くぐって、もう一回くぐって、リングワンデリングボケみたいなことしようとしたらナガイ君「もういいよ~」のこの顔(笑)
※リングワンデリング…雪山など景色の変化がないところで方向感覚が失われて同じところをグルグル回ってしまうこと

頂上が近づいてくると岩場、鎖場、はしごの連続です!

馬の背

岩場を登り終えたらナガイ君が悟りを開いていた。

ここで、歌ったり、叫んだりしていたら、他の登山されている方が逃げて行ってしまった。
そこはボイトレ勢。ご愛敬下さい(;^ω^)

馬の背で記念撮影。

岩場はみんなドキドキだったけど、馬の背まで行くと思った以上に足場が広かったです。

三ツ瀬明神山頂

三ツ瀬明神山頂パノラマ

雲一つない快晴!
ただパノラマ撮影に人物を入れるのは難しい...
ナガイ君がビックフット並みの巨人になってしまった(特に右手)(笑)

山頂の見晴らし台の下の日陰でみんなでカレーを作りました。

スパイスから作るカレーだけど、お肉を焼いて絡めて煮込むだけまでに下準備をしておいたので、今回はお昼ご飯は1時間30分ほど。

みんなで楽しく食べれてよかったヾ(*´∀`*)ノ

最後はチャイと、焼きクッキーで締めた。

みんなでしゃべりながら、写真撮りあいながら歩いてたので今回はこのまま下山。

今回は乳岩には行けなかったけど、充実した休日でした!

また、みんなでおもしろいことに挑戦して行こー!!

裏ショット

ギャバでストレス解消。

おしゃべりしてストレス解消。

登山情報

アクセス

公共交通機関
三河河合駅から徒歩約30分(約2.2km)


新東名新城IC~乳岩 約18km
豊川IC~乳岩 約36km

山情報

ルート:乳岩峡入り口~鬼岩~三ツ瀬明神山頂 帰りも同じルートで下山
所要時間:行動時間(休憩含む)6時間30分+お昼ご飯1時間30分=8時間
初心者向けのペースで歩行。
難易度:乳岩までも路面がボコボコしている場所、岩場などがあるので気を付ける。三ツ瀬明神山頂の少し下より、岩場、はしご、鎖場があるので三点支持が必要。
トイレ:乳岩峡入り口、山頂

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

-all,

Copyright© shintarosugita.info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.