all

なぜ登山にもっていくのはトイレットペーパーなのか

更新日:

ハイキングや自転車旅行をよくするので『拭うもの』をどのような形で、どのようなケースに入れて持ち運ぶかをよく考えてきた。

まず、一番よく見かけるのはトイレットペーパー(以下トイペ)をジップロックに入れて持っていくやり方。

次に多いのはポケットティッシュ。

前者は中級者以上に多く、後者は入門者に多い。

ポケットティッシュ?あんた初心者かね?
山ではトイレットペーパーのほうが便利だ。
トイレに流せるし、自分の好きな大きさに切れるからね。それにもよおしたらどうするんだ...ゴチャゴチャ...
山田さん
かず
確かにみんなそう言ってはいるけど実際にはどうなんだろう...
まぁ、一応うなづいておくかぁ...
Shintaro
そうは思わないけどなぁ。
まずトイペを流せるようなところでは、トイペを切らす確率はかなり低い。
そして、汲み取り式のトイレではトイペは便器横の汚物入れに入れることが多い。つまり、ティッシュもそこに捨てられるのだ。
自分の好きな大きさに切れるとは言うが、ティッシュ派の僕はそこに不便を感じたことがない。
今日は鼻水が多いからティッシュの表面積がいつもの2倍だと助かるなぁとか思ったことはあるだろうか?

それぞれの利点欠点

ボックスティッシュ

利点 欠点
・破れづらい
・1個づつ購入が可能
・鼻をかむ時に肌に優しい
・食器拭きや鼻かみ時に破れづらい
・気持ち的に食器拭きなどに使いやすい
・コスパが悪い

トイペ

利点 欠点
・コスパが良い ・破れやすい
・基本的に1個づつ購入するのは不可能
・鼻をかむと肌がガサガサになる
・食器拭きや鼻かみ時にすぐにボロボロになってしまう
・気持ち的に食器拭きなどに使いづらい

トイペに関してはコスパがいい以外の利点はないと思う。

ただ、食器を拭くときなど、すぐにボロボロになって時間とトイペを無駄に浪費してしまうので、この利点もどうかと思う。
そして、これは僕みたいに長期で旅をする人限定になるが、トイペをどうやって入手するか。
「公衆便所から失敬する」とたまに聞くことがあるが、絶対にやめて頂きたい。犯罪ですから...
なので、旅人の多い北海道などではよく「トイペを持ち帰らないでください」と張り紙をしてある。

というわけで、ティッシュに軍配が上がった!

ティッシュの持ち運び方

①フィルム包装のティッシュに工夫して持っていく
主に宿泊を伴うアウトドアアクティビティではボックスティッシュを持っていきます。
リフィル式のボックスティッシュは買ってきたそのままの状態で超軽量、防水仕様!
ただ、このままだと取り出し口が裂けてしまう恐れがあるのでテープで補強して使います。

②ポケットティッシュ
主に日帰りのアウトドアアクティビティではポケットティッシュを持っていきます。料理したりしなければ、1ケースも使わなかったりする。でも、もよおしたときに結構使うので最低でも3ケースは持っていくようにしている。

まとめ

日帰りアウトドアアクティビティポケットティッシュがおすすめ
料理や宿泊を伴うアウトドアアクティビティボックスティッシュがおすすめ

ぜひ、アウトドアでティッシュを使ってみてください!
絶対トイペより快適です!

最後までご覧いただきありがとうございました。


-all, ,

Copyright© shintarosugita.info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.