all 日記 睡眠

おもしろいとおもえることの重要性

投稿日:

前回の日記から一カ月ほどが経った。

時間を確保するために睡眠時間の削減のためにいろいろとやってみた。

前回と比べて変わっていないが、これが1カ月ほど続いている。

実際のところ、昼寝や2度寝を含めると、就寝時間は5時間ちょっとだ。

(就寝時間…寝ようとして横たわっている時間と睡眠時間を足した時間)

(睡眠時間…実際に睡眠していた時間)

少し前までは起床時間を意図的に制御することは難しかったが、今では前よりは簡単にできるようになった。
それでも2度寝の時間が発生する理由は、あまりにも就寝予定時間が短いため、起きて少し活動したところで、パフォーマンスの極端な低下を感じて2度寝することがあるからだ。

しかしながら、睡眠時間の削減がパフォーマンスの低下を招くことは十分にありうるが、それの被害がたった1%にするか、100%になるか、それを左右する他の要因を対処すべきだと考えている。

では何がパフォーマンスの低下を100%(寝落ち、マイクロスリープ)や90%(うとうとしながら活動)にしてしまうのか?

それはおもしろいと思えることをしているかどうかだと思う!

僕は最近ユーチューバーデビューをした。

最初の動画編集はキツいことも多かったが、自分の思う通りの編集に進んでいくにつれて、数週間かけてやっと完成に近づくにつれて、本当に楽しかった。
なんと動画編集の講習も含めて50時間以上、2~3週間ほどかけて完成させた(笑)

加えて、YouTubeにあげた動画は桜の中をツーリングするという季節感のあるものだったし、周りの人にもあげると言っていたので、ある程度の期限付きとも言える。

自らクリエイトするもので、楽しいと思えるもので、なおかつ時間制約があるとなると、人間はとてつもない集中力を発揮する。

そうしてその時の睡眠時間は3時間30分を切り、もちろん眠たくなる時はあったがパフォーマンスはあまり落ちていなかったのだ。

今もやりたいこと、やらなければならないことはあるが、時間制約が無かったり、日常的に勉強に取り組んでおり新鮮味のないものでなかなかその時の睡眠時間は達成ができない。

そしてこれからどうしたらいいのかを考えた結果が、今この日記を書いている理由となる。

文を書くことは好きなので、集中力を保てるし、単純にこのことが自分の中で腑に落ちたし、これからいろんなことに挑戦する人のヒントになればいいなと思って書きたかった。

睡眠時間はやりたいと思えることが増えて、時間の価値が高まると減らさざるをえなくなり、減らす。それが一番いい。

無理に、もしくは意図的に減らすのは成功すればいいが、失敗すると、失敗経験を通過することになり、その間にやったことへマイナスのイメージが付きかねない。つまり賭けの要素がある。

でも、何がそこまでして時間を確保したいかって、それは時と場所でおもしろいと思えることが変わるから。

僕は歌うことが大好きだけど、今はリズム力を鍛えたくて、ひたすら裏拍でギターの弾き語りを練習している。これが何十分も何日も続けば、正直なところ眠気のトリガーに負けてしまうこともあるのだ。

自転車で海外をツーリングしたいと思っているけど、そのためにする英語の勉強なんて、関連性が少なくて、これもまた眠気のトリガーに負けてしまうこともある。

でも基本的に今やってることは、おもしろいとおもえることが多いからやってるんだよね。

おもしろいと思ってやる方が、楽しいし、キツくないし、幸せになるために重要なことの一つなんじゃないかと思ったりして。

もっと、おもしろくしていこう!

-all, 日記, 睡眠

Copyright© shintarosugita.info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.